鹿児島県大隅半島4市5町の観光サイト【オスミツキ大隅半島】

オスミツキ大隅半島

九州本土最南端!鹿児島県大隅半島
「食」「自然」「観光」ナビ

2015.8.18【スポット】鹿屋航空基地史料館

みなさん、こんにちは!

リナシティかのやで開催している

戦後70年特別企画展には行かれたでしょうか??

70年前の鹿屋のこと、戦争のことを知るいい機会ですので

ぜひお立ち寄り下さいね。

今日は最終日なので20時までの開催となっております(^^)

 

今年は戦後70年ということでメディア等で特集を組んであったり

戦後70年にちなんだイベントが開催されていたりしますね。

 

戦争を経験された語り部も少なくなり

若い人の戦争に対する認識が少なくなっている“今”

私達一人ひとりが戦争のことを知って

後世に伝えていくのが大事なのだと思います。

 

・・・・・・・・・・・なんだか熱く語ってしまいましが、

今日は鹿屋航空基地史料館についてご紹介したいと思います。

 

thCAUA1E1C

海上自衛隊鹿屋航空基地の敷地内にある

海軍航空の歴史史料館です。

特攻基地といえば旧日本陸軍の航空基地があった知覧が有名ですが

鹿屋市は旧日本海軍航空基地があり

太平洋戦争(第二次世界大戦)のとき

特攻作戦の基地として使用され多くの尊い命が飛び立って行きました。

鹿屋航空基地から908名

串良航空基地から363名が飛び立ち

再び帰ることが出来なかったそうです。

 

鹿屋航空基地史料館では

1階に海上自衛隊航空部隊の発展と過程

その中で活躍する隊員の姿など

現在の海上自衛隊の活動状況の紹介や資料の展示がされています

2階には旧海軍航空隊に身を置いて

第二次世界対戦の末期特攻」という

人類史上類のない作戦で突撃を敢行し

身を挺して戦った多くの若い特攻隊員の写真や遺書・遺品が展示されています。

 

また、屋外には十数機の退役飛行機が展示してあります。

無題

 

館内には日本の名機

「零式艦上戦闘機52型」が復元展示してあります。

鹿屋航空基地史料館

どれをとっても貴重なものばかりで

戦争を知らない世代の私達はいろいろと考えさせられます。

 

ぜひ一度はご来館いただき

戦時中、鹿屋で何があったのか

戦争とはどのようなことなのかを知っていただきたいと思います。

 

 

営業時間

9:00~17:00(入館16:30迄)

問合せ先

鹿屋航空基地史料館  TEL  0994-42-0233