閉じる

TOP

column.03

海を望む光の中で、南の風を深呼吸
大隅のエッセンスをお菓子にとじこめて。世界へ-

 眼下に広がる美しい景色を眺めながら、ガーデンテラスで摘んだばかりのハーブティーとデザートを楽しむ。大隅ならでは、の贅沢を味わえるのが南風農菓舎・デザートハウスです。

 ここで使われる食材は、庭で育つ柑橘類やハーブ、肝付町内之浦特産の辺塚ダイダイ、サツマイモなど地元産がメイン。レシピはフレンチの巨匠ダニエル・マルタンとパリの人気パティシエがプロデュース。大隅産食材にフランスのエスプリを加えたメニューは、一つひとつの個性が際立って印象に残ります。

 運営は、大隅の食と文化を全国に発信し続けている南風農菓舎・デザートハウス。2017年4月オープンの複合商業施設「GINZA SIX」出店を機に、本拠地・鹿屋に構えた“基地”がデザートハウスです。「都会と地方をつなぐ橋渡しになりたい。地元農家さんの励みになれば」と郷原拓東さん。デザートにつまった大隅スピリットをぜひご賞味あれ。

南欧風のデザートハウスで、自家栽培したハーブやフルーツ、サツマイモを使った手作りデザートを心ゆくまで味わうことができる。
南欧風のデザートハウスで、自家栽培したハーブやフルーツ、サツマイモを使った手作りデザートを心ゆくまで味わうことができる。
南欧風のデザートハウスで、自家栽培したハーブやフルーツ、サツマイモを使った手作りデザートを心ゆくまで味わうことができる。

バラの香りに癒されるかのやばら園

8haの敷地に約35,000株のバラが咲き誇る光景が圧巻の日本最大級の規模を誇るバラ園。見頃は、4月下旬~6月中旬と11月中旬~12月で、春と秋の年2回、ばら祭りも開催される。
8haの敷地に約35,000株のバラが咲き誇る光景が圧巻の日本最大級の規模を誇るバラ園。見頃は、4月下旬~6月中旬と11月中旬~12月で、春と秋の年2回、ばら祭りも開催される。
8haの敷地に約35,000株のバラが咲き誇る光景が圧巻の日本最大級の規模を誇るバラ園。見頃は、4月下旬~6月中旬と11月中旬~12月で、春と秋の年2回、ばら祭りも開催される。

ページトップへページトップへ