鹿児島県大隅半島4市5町の観光サイト【オスミツキ大隅半島】

オスミツキ大隅半島

九州本土最南端!鹿児島県大隅半島
「食」「自然」「観光」ナビ

佐多の御崎祭り

開催日時:
2015年2月14日 – 2015年2月15日 終日
2015-02-14T00:00:00+09:00
2015-02-16T00:00:00+09:00
開催場所:
御崎神社~旧郡小学校、旧郡小学校~近津宮神社
日本
鹿児島県肝属郡南大隅町佐多郡
主催者:
南大隅町教育委員会
0994-24-3164

佐多地区に昔から伝わる伝統行事で、春の訪れをつげる

お祭りとして知られています。また、鹿児島県の無形文化財に

指定されており、御神体を担いで約40kmの道程を進む

壮観な姿が見所です。現在2月の第3土曜日に御崎神社の

祭礼が行われ、翌日曜日、姉上にあたる郡の近津宮神社に

面会に行かれます。

 

その途中、間泊の蛭子神社、竹之浦の鬼丸神社、

古里の天乙神社で休憩して神々にあいさつされ、

日曜日、御崎神社の御神体が通過した翌日、郡の

近津宮神社で祭礼が行われ、この日郡では市が開かれ、

これを二十日市と呼びます。

 

また、祭りの中で行われる打植祭りと神舞は、日本最南限のもので、

以南の南島には見られません。

約1300年以上の歴史を持つ、南大隅町一大伝統行事です。

 

2月14日(土曜日)6:30~15:10

  御崎神社~旧郡小学校

2月15日(日曜日)12:30~15:00

  旧郡小学校~近津宮神社