鹿児島県大隅半島4市5町の観光サイト【オスミツキ大隅半島】

オスミツキ大隅半島

九州本土最南端!鹿児島県大隅半島
「食」「自然」「観光」ナビ

安楽山宮神社春祭り

開催日時:
2015年2月14日 – 2015年2月15日 終日
2015-02-14T00:00:00+09:00
2015-02-16T00:00:00+09:00
開催場所:
安楽山宮神社、安良神社
日本
鹿児島県志布志市志布志町安楽
主催者:
志布志市教育委員会
099-472-1111

安楽地区山宮神社の御輿が安楽神社に下り、

翌日の辰の日に、安良神社で打植祭を行ったあと、

御輿は山宮神社にもどるというもので、極めて古い

起源をもち、その年の豊漁と豊作を祈願する祈年祭です。

 

山宮神社で「お田植」といって、稲に似せた竹串を

境内に植える行事や、浜下りがあります。

安良神社では、境内を田に見たてて水鍬で耕す「田打」、

牛面を被ってモカを引く「牛使い」、種籾をまく「種まき」があります。

また、拝殿の中では、モロムギの枝を持った神職によって舞われる

「田植舞」があります。

 

安楽山宮神社の春祭り1

 

境内では、青壮年たちが田を打つカギで「カギヒキ」をします。

いずれの祭りでも黒頭巾で覆面し、紋付羽織にモモヒキ姿で

踊る「正月踊り」が行われます。

正月踊りは、出端(では)・お市後家じょ(おいちごけじょ)など

9つの踊りからなり、古くは南九州の近郷近在から

踊りを奉納してきたものでしたが、明治行以降

地元の青年によって受け継がれています。

 

安楽山宮神社の春祭り2

 

2月14日(土曜日)10:00~12:00

  安楽山宮神社

2月15日(日曜日)15:00~16:00

  安良神社