閉じる

TOP

弥五郎どん
弥五郎どん
弥五郎どん
弥五郎どん
弥五郎どん
弥五郎どん

弥五郎どん

イベント 歴史・文化 曽於市

大隅の國 伝説の大巨人

25反もの梅染めの衣を纏い、ギョロリまなこに太い眉、4メートル25センチの大小二刀を腰に携えたその姿は勇ましい。
一説には6代の天皇に仕えた武内宿祢とされたり、隼人族の首領などとも言われていますが、その正体は今でもはっきりしていません。
しかし、今でも穀物の豊作や地域守護の先導役として尊崇を集めています。
11月3日、この日は数百年の伝統を持つ弥五郎どん祭りが始まる。真夜中の1時、「弥五郎どんが起きっどー」とふれ太鼓が街中を巡る。拝殿では弥五郎どん本体の組立て。そして4時頃にはいよいよ弥五郎起こしにかかる。大勢の人々が綱を握って巨体を起こす。
「縁起のよい年になりますよう。」願う。午後1時から威風堂々とした「浜下り」は鳥居をくぐる時がハイライト。県内外から10万人も集まり
大歓声。子ども達に引かれ、ゆったりと肩を揺らし、高架橋の下ではイナバウワーで潜り抜け約3時間市街地を練り歩きます。祭りには
露天が大拳並び、神社隣の岩川小学校校庭では武道大会が行われ弥五郎どんは校庭に立ち、しばらく武道見学そして神社へ帰って
行く。

2018弥五郎どん祭りの情報はこちら

アクセスマップ

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

おすすめ記事

instagram

#

ページトップへページトップへ