閉じる

TOP

芙蓉之塔
芙蓉之塔

芙蓉之塔

歴史・文化 曽於市

曽於市に残る太平洋戦争関連史跡

芙蓉之塔が建つこの地は、かつて岩川飛行場の発着所であった場所。この飛行場は太平洋戦争末期の昭和19年に造られた芝張りの滑走路で当初は3本の滑走路を造る計画であったが、出来たのは1本だけでした。

昭和20年5月から美濃部正少佐率いる芙蓉部隊(夜間銃爆撃の部隊)により使用され始め、沖縄方面に出撃しました。
岩川飛行場は、基地であることを悟られないため、昼間は滑走路に刈草を敷き、牛を放牧、移動式家屋や樹木を立てたことで、終戦まで米軍に発見されることはありませんでした。
戦後、芙蓉部隊の元隊員や遺族、関係者らによる慰霊祭(昭和45年)を契機に、滑走路の発着地点(市埋蔵文化センター隣)に慰霊塔「芙蓉之塔」を建立し、藤枝基地以来の戦没者105名の御霊を祀っています。
現在は平和のシンボルとして、戦争の悲惨さや平和の尊さを現在に伝えています。

  • 問い合わせ先曽於市観光特産開発センター
  • 所在地(住所)曽於市大隅町月野1946
  • TEL0986-28-0111(曽於市観光特産開発センター)
  • 休館日(休業日)月日
  • 入館料(体験料)など月日

アクセスマップ

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

関連ワード

おすすめ記事

instagram

#

ページトップへページトップへ