閉じる

TOP

第7回おおすみ学校 開催しました!

 

第7回おおすみ学校を開催いたしました。

今回のテーマは

『鹿屋体育大学を学ぼう!!』と題し、

鹿屋体育大学が誇るスポーツパフォーマンス研究センターの施設紹介、

トップアスリートサポートの事例紹介など、日本で唯一の国立体育大学で

研究されているスポーツについて学びました。

2020年には東京オリンピックパラリンピック、かごしま国体が開催されるなど、

今後ますますスポーツに対する関心が高まっていくことが期待されます。

鹿屋体育大学、そして大隅がどのように関わっているのか、

大変興味深い講義の一部を紹介します。

 

[講師]鹿屋体育大学スポーツパフォーマンス研究センター 前田 明教授

(1)座学

「東京2020・鹿児島国体に向けた鹿屋体育大学のスポーツパフォーマンス研究」

  ①五輪サポートの裏側

   東京2020や、鹿児島国体に向けての活動や、

   数々の有名トップアスリートに対する手厚いサポート体制などについて

   楽しくわかり易く説明していただきました。

   ・オリンピック選手村でのサポート体制などについて

   ・オリンピック選手が試合当日に食べる“勝負めし”

    「おにぎり・バナナ・オレンジジュース(100%)」なんだそう!

 

   ・疲労回復のための高酸素カプセル、湯船を想定した設備

    日本人に合うように、38℃と15℃のお風呂に交互に入ることで

    疲労回復するとのこと

 

  ②瞬間視力 体験

   6ケタの数字を0.1秒間だけ見て、どこまで見えたかを計測する

   体験を行いました。

   トップアスリートになると、8ケタの数字を見ることが可能なんだとか

   会場の参加者でも、数人の方が6ケタの数字を見事に言い当てた方が

   いらっしゃいました。

 

(2)スポーツパフォーマンス研究センター 見学

  ①マウンド

   (ドップラーレーダー式ボールトラッキングシステム『トラックマン』)

  ・ボール速度、回転数、回転軸、リリース位置などのデータを

   リアルタイムに表示できる

   最新の設備の測定を体験しました。

 

参加者もマウンドから投球し、測定を経験。

 

 ②Rapsode ベースボール

  野球やソフトボール用3Dトラッキングシステム

   球速、回転数、有効回転数、有効回転率、ストライクゾーン分析、

   回転軸、変化(縦/横)3D投球起動の測定ができる設備です。

佐藤 伸之先生による測定結果説明

 ③50mフォースプレート 

  歩行や走行動作にかかる力量の測定ができる設備。

  50mにフォースプレートが54枚埋め込まれているのは

  世界最長を誇るそうです。

  有名なアスリートも測定に訪れているとのことです。

 ④ハイスピードカメラによる野球バッティング動作測定

  鹿屋体育大学の学生による野球バッティングのデモンストレーション。

  素晴らしいバッティングを披露してくださいました。

今回ご協力くださいました

鹿屋体育大学スポーツパフォーマンス研究センター施設長教授 前田明先生をはじめ関係者の皆様ありがとうございました。

今回のおおすみ学校を通して、世界中のトップアスリートがここ、鹿屋体育大学に集い、科学的サポートを受けていると知りました。今回、初めてスポーツパフォーマンス研究センターの最先端の技術を見学し、世界に誇れる施設が大隅にあり、私たちの身近にあるということに大変誇らしく感じました。日本、世界のスポーツを科学的にリードする鹿屋体育大学のポテンシャルを体感した一同でした。

次回は2019年3月開催予定となっております。

詳細が決まり次第、「オスミツキ大隅国」ホームページでお知らせします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

instagram

#

ページトップへページトップへ