錦江町のお土産代表!菓心まとはらの銘菓 まるぼうろ

まるぼうろは古くから鹿児島で親しまれてきたまあるい形の焼き菓子です。たくさんの製菓店がこのお菓子を提供する中でも、錦江町の『菓心 まとはら』のまるぼうろは鹿児島県内や東京でも大人気で、町でも自慢の逸品です。

そんなベストセラーのお菓子をつくるのは、真戸原睦男さん。お菓子の道60年の職人です。

職人の努力の積み重ねから生まれるお菓子

真戸原さんがお菓子の道を歩み始めたのは、16歳のとき。錦江町の老舗のお菓子屋さんで20年修行した後、『菓子処 まとはら』を創業しました。

「お菓子でよかったよ。家の中の仕事だから、楽しみがある。今日はあれを作ってみよう、これを作ってみようって、自分でできるね。夢がある」と語る真戸原さん。お店に立たない日には自宅の畑で原料のサツマイモやヤマイモの栽培に取り組んでいらっしゃいます。生活とともにあるお菓子の美味しさを地道に探求することを楽しんでいるそうです。

まとはらのまるぼうろの味わい

まとはらのまるぼうろは、はちみつの濃厚な香りと口当たりの優しい甘さが特徴です。このまるぼうろ、実は焼きたてはサクサクとした食感で、時間を置くことでしっとり柔らかい食感になります。季節によって材料の調合を変え、いつも変わらない味を提供できるようにしているそう。定番のプレーンに加え、肉桂の香りがするものや米粉とお茶を使用したビーガンまるぼうろも開発されました。

そのまま食べてももちろん美味しいまるぼうろですが、生クリームやアイスをサンドするという食べ方も!アレンジ方法も多様で無限に味わい尽くせるという点でも、このお菓子が長く愛される理由には納得です。

錦江町にお越しの際には『菓心 まとはら』へ!

甘い香りのする店頭ではまるぼうろをはじめ、かるかんやスイートポテトといった鹿児島ならではのお菓子が並びます。製菓作業の様子も垣間見ることができ、真戸原さんのお菓子への思い入れも伺うことができます。町への思いもさることながら、手作業で行われるお菓子づくりを目にすれば、きっとファンになること間違いなし。

まるぼうろはご自分用のお土産にはもちろん、贈り物としてもおすすめ!錦江町産のお茶と一緒に味わってみてはいかがでしょう?手間暇かけて作られるまるぼうろはひとつ口にすると、なんだかホッとした気持ちにさせてくれますよ。

錦江町のお土産代表!菓心まとはらの銘菓 まるぼうろ

鹿児島県肝属郡錦江町城元815

https://r.goope.jp/kashin1216/

営業時間
8:30~18:30
定休日
毎週日曜日
TEL
0994-22-2133

この記事を書いたライター

友安麻里亜

友安麻里亜

錦江町の地域おこし協力隊。大隅地方のゆったりおおらかな文化が好きです。

このライターの記事一覧はこちら
【錦江町】の観光スポット

『イノシシジャーキー』

錦江町発ペットのジビエ 錦江町や猟師さんとゆるやかにつながり、ペットと一緒に貢献できる商…

スナック『ラウンジ京』

錦江町のアットホームなスナック『ラウンジ京』 錦江町には幅広い世代のお客さまがやってくる…

花瀬バンガロー村・ 花瀬オートキャンプ場

お知らせ 台風6号の影響により、一部区間を限定して営業しています。また、花瀬オートキャン…

錦江町フリーペーパー「錦江おてもと」

観光地を訪れたとき、観光だけで終わらすのはもったいない! と思ったことはないでしょうか? …

食楽彩酒 〇我利多

〇我利多は『食はアートだ!』をテーマに畑の作家(農家さん)と 海の作家(漁師さん)と…

錦江町ゲストハウス よろっで

まちの人との素敵な出会いとともに、美味しい食事とお酒で心を満たす宿 錦江町の方々に愛され…