『イノシシジャーキー』

錦江町発ペットのジビエ

錦江町や猟師さんとゆるやかにつながり、ペットと一緒に貢献できる商品。それが笑喜南さんが作る「イノシシジャーキー」だ。

錦江町で獲れたイノシシを100%使用

ジャーキーの原料には猟師の義父が獲った野生イノシシのもも肉を100%使用し、肉のスライスから乾燥といった加工は全て笑喜さんが手がけている。脂身が少なく肉質がしっかりとしたイノシシは、高タンパク・低カロリーで鉄分も豊富。保存料など添加物を使用せず猪肉のみでできているので、飼い主にもペットにも嬉しいおやつだ。

開発のきっかけは佐賀県の道の駅で見かけたイノシシジャーキー。錦江町でも害獣に指定されるイノシシは、捕獲後の処理に困ることも多い。食肉加工のほか山へ埋没もするが、猟師の高齢化やなり手減少が原因で一人当たりの負担が大きい。そんな課題を身近に受けた笑喜さんが「少しでも猟師の義父の負担軽減になるように」と、独自で加工を始めた。

ペットと一緒においしく地域貢献!

害獣の新たな処理方法を模索した笑喜さんは、子育てをしながらハンドメイド雑貨商店『やまなみ学校』の立ち上げ・運営やマルシェの開催など、宿利原地域の明るい取り組みを幅広く主導してきた。

「これからも高品質なジャーキーをたくさん作りたい」と話す笑喜さん。ジャーキーはテレビやペット雑誌でも取り上げられ、大隅地域で注目度が高まっている。宿利原を始点としたエコな消費活動が県内にも広がりつつあるもようだ。

イノシシジャーキーは、どっ菜市場(鹿屋市)、Azusalon(錦江町)、ツクツク!!(通販)で販売中。お留守番を頑張るわんちゃんや猫ちゃんへのお土産にいかがだろうか。

『イノシシジャーキー』

https://ec.tsuku2.jp/items/20211223084517-0001

問い合わせ先
公式Instagram:kinko.inoshishi DM
公式SNS

この記事を書いたライター

友安麻里亜

友安麻里亜

錦江町の地域おこし協力隊。大隅地方のゆったりおおらかな文化が好きです。

このライターの記事一覧はこちら
【錦江町】の観光スポット

花瀬公園・お茶亭跡

島津のお殿様が愛した千畳敷の石畳 花瀬公園:幅60mの平坦で滑らかな岩盤からなる川床が長…

大根やぐら

錦江町宿利原地区の冬の風物詩 毎年11月から1月にかけて干し大根用のやぐらが設置されます…

花瀬バンガロー村・ 花瀬オートキャンプ場

お知らせ 台風6号の影響により、一部区間を限定して営業しています。また、花瀬オートキャン…

神川キャンプ場

錦江湾に沈む夕日は絶景 錦江湾に沈む夕日は日本一です。夏には「錦江レゲエ浜まつり」が開催…

クラシックブドウ 浜田農園

宝石のような甘美な一粒を召し上がれ。 現在のご主人のお父様が本土最南端の場所に初めて植栽…

錦江町ゲストハウス よろっで

まちの人との素敵な出会いとともに、美味しい食事とお酒で心を満たす宿 錦江町の方々に愛され…