錦江町発地酒!地域のこだわりが詰まった本格芋焼酎「池田旗山」

本格芋焼酎「池田旗山」のふるさと

錦江町の山奥からお届けする芋焼酎「池田旗山」。年に一度限定販売されるこの焼酎は、池田地区の活性化を目指して生まれた。

6年前、笹原政夫さんは地域にこれといった名物がないことに注目。池田ではサツマイモや米がよく採れることから、農家で連携をとり、池田を盛り上げようと芋焼酎をつくるプロジェクトが始まった。

 

原材料は地元産にとことんこだわる。サツマイモや米は全て池田で育ったもので、水も八三岳の伏流水を汲み出して使用するほどの徹底ぶりだ。焼酎のラベルデザインや商品紹介も全て地元の方の手作り。池田の人々の思いと奮闘が結晶になったもの、それが芋焼酎「池田旗山」だ。

 

 

甘く優しい味わい ”幻の地酒”

発売当初から数量限定で展開される芋焼酎「池田旗山」。6年経った今も市場に出回らないことから、町では”幻の焼酎”とも呼ばれている。

それでも、たくさんの方に飲んでいただけるよう昨年から醸造量を2倍に増やし、今年も一升瓶1500本を生産予定(5合瓶も同時に数量限定で販売)。「町の宣伝になれば」と生産者の思いもあり、ふるさと納税の返礼品としても提供している。その美味しさは地域を越えて県外へも広がりつつあるもようだ。

 

「池田旗山」は香り・味とも甘くスッキリしており、まろやかな口当たりが特徴。地域共同で原料をつくっているからこそ表現できる優しい味わいだ。癖が少ないので芋焼酎初心者にもおすすめしたい。
笹原さんおすすめの飲み方はオンザロック。焼酎の美味しさが一番際立つそう。

 

池田地区を盛り上げようと始まった焼酎プロジェクト。風光明媚な池田の風景を思い浮かべながら、こだわり深い幻の地酒、本格芋焼酎「池田旗山」を堪能してみてはいかがだろうか。

錦江町発地酒!地域のこだわりが詰まった本格芋焼酎「池田旗山」

アクセス
錦江町役場から車で25分
時間
7時〜19時
営業時間
7時〜19時(日曜 8時〜19時)
定休日
なし
問い合わせ先
毛下酒店(0994-29-0234)
現在、先行予約受付中。発送と店頭受け取りは7月中旬〜。

この記事を書いたライター

友安麻里亜

友安麻里亜

錦江町の地域おこし協力隊。大隅地方のゆったりおおらかな文化が好きです。

このライターの記事一覧はこちら
【錦江町】の観光スポット

花瀬公園まつり

桜に季節に花瀬の石畳に特設ステージも登場し盛大に行われるお祭り 花瀬川の2㎞にわたる千畳…

花瀬公園まつり駅伝大会

春の花瀬川沿いで行われる駅伝大会 花瀬でんしろう館からスタート。 今回で15回目を…

花瀬公園・お茶亭跡

島津のお殿様が愛した千畳敷の石畳 花瀬公園:幅60mの平坦で滑らかな岩盤からなる川床が長…

クラシックブドウ 浜田農園

宝石のような甘美な一粒を召し上がれ。 現在のご主人のお父様が本土最南端の場所に初めて植栽…

錦江町ゲストハウス よろっで

まちの人との素敵な出会いとともに、美味しい食事とお酒で心を満たす宿 錦江町の方々に愛され…

至福の味わい 鰻の禧明館

創業85年の禧明館は、代々受け継がれた「焼き」と「タレ」が決め手の鰻屋さん。 禧明館…