推奨ブラウザについて

当サイトをご覧いただくため、下記環境を推奨しております。

・Google Chrome 最新版
・Firefox 最新版
・Microsoft Edge 最新版

創業50年 牧原養鰻

「土用の丑の日」といえばうなぎ!!

うなぎの「生産量日本一」は鹿児島県というのをご存じでしょうか?

今回の記事では、「生産量日本一」を支える 東串良の養鰻場 「牧原養鰻」をご紹介させていただきます。

鹿児島県産のうなぎは、2019年の日本の生産量で41.5%のシェアを占め2位の愛知県25.5%と差をつけて「日本一」となりました。鹿児島県大隅半島は温暖な気候と良質な地下水などで,養鰻に適した環境となっております。

うなぎを食べる事で元気になると言われている、夏の「土用の丑の日」ですが、何故うなぎなのかというと

「う」がつく食べ物をとることで「夏負けしない栄養をとる」という意味で「うなぎ」を食べる習慣がついたそうです。他に「う」がつくものは梅干し・うどん・馬肉・牛肉もあります。今は普段からも食べてほしいという思いもあり、スーパーやコンビニなどでも販売をしています。

牧原養鰻は、2021年初めに新しく養鰻場を増設、また環境を考えて「うなぎのかば焼き袋」を竹100%の素材に変更したりと色々チャレンジをしています。

牧原養鰻のうなぎの特徴について伺いました。

長年、うなぎの養殖に携わり、何度も何度も挑戦し試行錯誤を重ね、ようやく生み出した牧原養鰻独自の養殖技術で育てたうなぎは、柔らかく身がふっくらしています。

噛めば噛むほど深い味わいが口の中いっぱいに広がる当店自慢のうなぎを是非、ご賞味ください。

噛めば噛むほど!聞いているだけで食べたくなりますね。そんな牧原養鰻のうなぎはhttps://makiharayouman.com/ こちらより購入可能です!

 

 

 

 

創業50年 牧原養鰻

鹿児島県肝属郡東串良町岩弘1437

TEL
0994-63-2297
公式SNS