推奨ブラウザについて

当サイトをご覧いただくため、下記環境を推奨しております。

・Google Chrome 最新版
・Firefox 最新版
・Microsoft Edge 最新版

若潮酒造株式会社(千刻蔵・直売所)

人びとの生活に密着した、だいやめの文化を彩る

志布志市内の飲食店で至るところに見られる「さつま若潮」の看板。
若潮酒造は地元の蔵元が集まって出来た、50年を超える歴史を持つ本格焼酎の会社である。
焼酎王国と呼ばれる鹿児島県では芋焼酎がメインのお酒であり、
それに付随して焼酎の元となるサツマイモや米、麹などの生産も地産の産業となっている。
人びとのごく身近で、それでいて大事な憩いのひと時を生む焼酎を楽しむひと時を人は「だいやめ」と呼び、
吞みながら語らって互いの距離を縮めるというコミュニケーションを生む。

 

 

時代とともに好みや飲み方も変わっていき、
その変化に応じて果実酒やスピリッツなどこれまで扱っていなかった商品の開発にも意欲的だ。
今年7月には市の特産品でもあるイチゴのフードロス削減とその資源を活用した
「Fスピリッツ」が発売され、SDGsの観点からも脚光を浴びた。
(志布志市ホームページでの掲載記事)

甘みは抑えながら香り高いイチゴと焼酎が合わさった新しい味覚だ。

 

 

「千刻蔵」では伝統的な手法での焼酎造りの様子が見学できる。
(蔵見学・直売所のご案内はこちら)
入った途端に蔵の中からとっても濃い焼酎の香りが漂ってくる。
甕を覗くとボコボコと発酵が進んでおり、蒸留の過程を経てやがて焼酎が出来上がる。

奥に見える大きな木樽を通ることで独特の柔らかで芳醇な風味が加えられるが、
この樽は作り手が一人しかいないため希少な製造手法なのだ。

 

 

迷路のような地下の貯蔵庫を抜け、直売所へ。
若潮酒造自慢の焼酎がずらっと並んでいて壮観だ。
どれを買おうか迷っていても店員さんにお勧めを聞けたり試飲が出来るのが嬉しい。(誰かのお土産に贈る時にはどんな年代でどんなシチュエーションかなど、ぜひ相談してみよう)

来年度の干支「虎」にちなんだ焼酎が手前で異彩を放っている。
パッケージもまた想像力を引き立て、美味しく呑ませる大事な要素だ。

 

 

近年ではマンガ「ファブル」でも黒若潮などよく紹介されており、反響が大きいという。
焼酎文化に触れる機会として是非遊びに行ってみてほしい。

 

若潮酒造株式会社(千刻蔵・直売所)

〒899-7104 鹿児島県志布志市志布志町安楽215

http://wakashio.com/

アクセス
・志布志駅から車で約5分
時間
平日8:30-16:00
土曜日は不定休
定休日
日曜・祝日
土曜日は不定休
駐車場
有り
問い合わせ先
099-472-1185
公式SNS